top of page
すぐにゆくB2ポスターlight.jpg
狼蘇山祭り2024.jpg

映画『すぐにゆく。』ワールドプレミア公開イベント

令和六年 <狼蘇山例祭> 

日時:2024年 7月24日(水) 18:30開場 / 19:30開演
会場:WWW X(渋谷区宇田川町13−17 B1F シネマライズビル2F / 03-5458-7688)

https://www-shibuya.jp/

『すぐにゆく。』上映 

舞台挨拶 渋川清彦 豊田利晃

飛騨音響派(LIVE) 切腹ピストルズ(LIVE)狼蘇らせ隊♡(LIVE)

飛び入り:鼓童(中込健太 住吉佑太)

【チケット発売】6月29日(土)10:00 より

料金:7240円+1ドリンク代別

豊田組ショップ内にて販売 https://toyodafilms.stores.jp

『すぐにゆく。』制作意図

 

物質至上主義の時代は終わった。心の時代、意識の時代は始まっている。

AIもパソコンも心を持つ。それは量子力学の科学も証明している。

肉体を超えた人間の意識は果てしない可能性があり、人生を豊かにする。

自らの想像力だけが未来を創る。

想像力だけが俺たちを本当に辿り着きたい場所を導いてくれる。

想像力だけが世界と戦い、平和を祈る。

俺たちの想像力が試されている。

2024年5月1日 豊田利晃

【渋川清彦コメント】

豊田利晃は修行僧ようだ。その中に遊びもまぜつつ。

それなので今の豊田映画の物語に入ると自分も修行僧のようになります。

そして僕も物語と共に修行をしました。3日目すべての撮影終了日暮れ前、

雲がかかってた乗鞍山が最後に晴れました。みんなの祈りが通じたようでした。

自然の厳しさ優しさ美しさに触れ、少し成長したような三日間だった。

日本酒は夜明け前。

 

【豊田利晃コメント】

2023年の冬至の日、心を失っていた僕は、飛騨高山の水無神社で背中を押され、救われた気がした。

2024年の夏至の日、撮影隊とともに水無神社の狼に礼を言った。

誰かのことを思い、誰かの為になら「すぐにゆく」と思う気持ちさえあれば、

大抵のことは乗り越えられると信じている。

​主演

渋川清彦

1974年生まれ、群馬県渋川市出身。モデルでの活動を経て、『ポルノスター』(98/豊田利晃監督)で映画 デビュー。2013年に『そして泥船はゆく』(渡辺紘文監督)で映画単独初主演。近年の出演作は『柴公園』 (19/綾部真弥監督)、『半世界』(19/阪本順治監督)、『閉鎖病棟-それぞれの朝-』(19/平山秀幸監督)、 『酔うと化け物になる父がつらい』(20/片桐健滋監督)、『偶然と想像』(21/濱口竜介監督)、『ここにい る。』(23/豊田利晃監督)、『夜明けのすべて』(24/三宅唱監督)、『プロミスト・ランド』(24/飯島将史 監督)、『箱男』(24/石井岳龍監督)などがある。

​音楽

せっぷくぴすとるず紐育.jpg

切腹ピストルズ/せっぷくぴすとるず/又の名を江戸一番隊

2011年に日本で起きた東日本大震災と原発事故をきっかけに、パンクを挫折した四人によって結成された。 初めての演奏はその年の原発立ち入り禁止線の路上。以後、近代のまやかしに対して「江戸時代」の土着 で対抗を企む事となる。演奏するたびに入隊希望が続出、今や日本各地に三十人弱が在籍する。演奏スタ イルは、日本の伝統楽器(鉦・三味線・笛・太鼓)を使った雑でやかましい物で、屋内屋外、電源あるな しを問わない。町・村おこし、祭、ライブハウス・ナイトクラブ、芸術祭、デモ、神社仏閣奉納演奏、小 学校から介護施設、山の中から海の上、あらゆる場所に現れ、子供、不良、パンク、社会人、老人までが 同じ場所で熱狂する状況を作る。演奏以外では、地方探索・民俗の研究、農、職人(雪駄・がまぐち・野 良着・大工・意匠)、寺子屋、寄席、尺八指導など、隊員それぞれが展開もする。 袢纏や野良着といったリアルな伝統的風貌やその主張から「江戸へ導く装置」と呼ばれ、自称「ニホンオ オカミの残党」を名乗る。大紋は〇一。暗号は矢と鎌と志しで「やかまし」。

2018年 NYのパンクフェスティバルやタイムズスクエアで演奏 2019年 豊田利晃監督の映画、通称『狼蘇山シリーズ』開始、その後も楽曲提供などで関わる。 2022年 時代のバグによりドバイEXPO、シカゴで演奏 2024年 シングルソノシート『名乗り上げ口上』『やけ節』六月リリース。八月にはロンドン公演を予定。

せっぷくぴすとるず名物本店 https://edomaruichi.thebase.in/

飛騨音響派 (HIDA ONKYO HA)

2022年、実験開始。自然の声が響き渡る飛騨の山間でそれに学びながら、原始楽器、電子楽器、 声などを駆使し、即興での表現を追求し続けている。
とあるギャル曰く、宇宙と妖怪の音遊び。
とある音楽家曰く、不可逆の実験。

とある建築家曰く、現象。
谷澤智文(Tomofumi Tanizawa) Instruments, Voice, Electronic

三谷友貴(Yuki Mitani) Synthesizer, Electronic

https://www.instagram.com/hida_onkyo_ha/

狼蘇らせ隊♡

 

法螺狼、琵琶狼、太鼓狼、鉦狼、三味狼で編成される謎のグループ。

豊田利明監督最新映画『すぐにゆく。』エンディング曲『狼人間』を献上。

​監督

豊田利晃 (映画監督)

1969年大阪府生まれ。1998年、千原ジュニア主演『ポルノスター』で初監督を務め、その年の日本 映画監督協会新人賞、みちのく国際ミステリー映画祭・新人監督奨励賞を受賞。2001年、『アンチェ イン』を監督。2002年『青い春』(松田龍平)を映画化し、大ヒットを記録。ドイツのニッポン・コ ネクション映画祭で観客賞を受賞。2003年『ナイン・ソウルズ』(原田芳雄、松田龍平)、2005年 『空中庭園』(小泉今日子)。2009年に中村達也主演『蘇りの血』、2011年に『モンスターズクラ ブ』(永山瑛太)、2012年『I’M FLASH!』(藤原竜也、松田龍平)。2014年、『クローズ EXPLODE』、2018年『泣き虫しょったんの奇跡』(松田龍平、松たか子)。写真集『MOVIESTILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998-2018』を刊行。2019年、『狼煙が呼ぶ』(渋 川清彦、浅野忠信、高良健吾、松田龍平、切腹ピストルズ)。自伝『半分、生きた』を出版。2020年 4月、『プラネティスト』(窪塚洋介、GOMAほか)。7月24日、『破壊の日』(渋川清彦、マヒ トゥ・ザ・ピーポー、イッセー尾形)を公開。2021年『全員切腹』(窪塚洋介、渋川清彦、芋生悠)。 写真集『映画戦争2019-2021』(講談社)を出版。2022年佐渡島の鼓童の音楽映画『戦慄せしめよ』 公開、7月、渋川清彦主演『生きている。』公開。10月、シッチェス国際映画祭で『ESPECIAL TOSHIAKI TOYODA(豊田利晃特別上映)』が開催。2023年7月、『ここにいる。』公開。2025年、 新作長編映画『次元を超える』の公開が決定している。

https://www.toyodafilms.net

『すぐにゆく。』 (2024年)

監督・脚本:豊田利晃

主演:渋川清彦

出演:飯田団紅 山田太一 村門祐太

<物語> 鉄平(渋川清彦)は修行者である。 鉄平は五体投地をしながら、瞑想を続けながら、山を越え、川を渡り、どこかへ向かっていく。 その行き先は飛騨高山の水無神社。境内の狛狼が鉄平を待つ。そして、、、、、

プロデューサー:豊田利晃    撮影隊長:澤田石和寛    相談役:飯田団紅

音楽:飛騨音響派    エンディングテーマ:狼蘇らせ隊♡「狼人間」

 

撮影:大和太 衣裳デザイン:澤田石和寛 助監督:岡部就 制作担当:吉田幸之助

音響演出:北田雅也 編集:村上雅樹 VFX:道木伸隆 ポスターデザイン・題字:飯田団紅 スチール:澤寛 宣伝:浦谷晃代

撮影助手:豊田直紀 田中洋 大道具制作:荻原大輔 松本祟

衣裳制作:鎌田美保 天野泰葉 衣裳デザイン助手:切金実紀 メイク準備:船引美智子 茂手木智也

制作協力隊:菅原信宏 山田太一 村門祐太

アシスタント・プロデューサー:若田恵理子 久永光

特別協力:飛驒一宮 水無神社

協力:飛驒市 高山市 小椋美知男 曹洞宗補陀山 洞雲寺 丹生川町三ノ瀬町内会 たんぼ 峐下康一 藤原タクマ 廣田尚人 五敷敏寛 山の耳 閃き堂 一茶 B&Bテンガロンハット DURA CORPORATION 天誅履物店 壽々木商店 江戸部屋 にしかた有志の会

製作・宣伝・配給:豊田組 ビスタサイズ/2024年 ©豊田組

bottom of page